HOME>トピックス>ねずみ駆除の重要性!憎き害獣をやっつけよう

ねずみ駆除の重要性!憎き害獣をやっつけよう

ネズミ

放っておくと建物が乗っ取られる

ねずみは暖かくて雨風も防げる人間の家屋に好んで棲みつきます。1年を通して繁殖し、1度に6匹~9匹の仔を出産しますので、あっという間に増えていきます。ねずみが増えると家屋に甚大な被害を及ぼす可能性がありますので、棲みついていることに気がついたら、迅速にねずみ駆除対策を行いましょう。具体的な被害としては、まず、建材や家財へのダメージが挙げられます。ねずみは一生に渡って歯が伸びるため、かたいものをしょっちゅう齧ります。家屋に棲みつけば、家の柱や壁、部屋にある箪笥など、手当たり次第に齧ってぼろぼろにします。電線やガス管、ケーブルなども齧りますので、電気事故やガス漏れ、最悪の場合は漏電事故の恐れもあり、大変危険です。糞尿をまき散らして、家屋にシミや悪臭を発生させる被害も起こります。

作業員

衛生面も悪くて危険

さらに深刻なのは衛生面での問題です。ねずみは下水道や道路の溝など不衛生な場所を動き回りますので、全身が病原菌だらけの状態です。ねずみの体に寄生しているダニにも菌やウイルスがいます。その身体で家の中を動き回り、そこらに糞尿もしますので、あちこちにばい菌をまき散らしていることになります。ねずみが媒介する感染症は多岐にわたりますが、体力がない乳幼児や高齢者が感染すれば重症化し、最悪の場合死に至る病気もたくさんあります。市販の対策グッズを使って自力でねずみ駆除を行う場合、もっとも気をつけなければいけないのは、ねずみが運ぶウイルスや菌に感染しないようにすることです。警戒心が強く学習能力も高い動物ですので、素人が自力で駆除するのは簡単ではありません。無理せずプロに頼むことも検討するといいでしょう。